ブログ

注文住宅でホテルライクなインテリアにする家づくりのコツ

注文住宅ブログ

山梨県の工務店、未来建築工房とつくる注文住宅。|おしゃれな家をつくる5つのコツ

非日常的なホテルライクな家で暮らしたい。

どーも、ややイケメンです。

 

今回のブログでは具体的にホテルライクなインテリアの部屋や、ホテルライクな雰囲気の家をつくるコツや工夫についてお話しして行きます。では早速。

 

ホテルライクスタイルの家づくりのポイント

ホテルライクらしさとは?

ホテルライクとは、定義付けが難しいですが、だいたい下記のような表現に該当すると思います。

□高級感がある

□ホテルみたいな雰囲気

□ホテルの様な間取り

□ホテルの様なインテリア

□ホテルの様なデザイン

□シックな大人な雰囲気

□上質な素材を使う

□大判のタイル

□スタイリッシュな空間

□間接照明で明かりをとる

□生活感が無い暮らし

□ゆとりのある空間

□洗練された空間

 

とは言えホテルライクな家づくりをする上で上記のことが全てでは無いですよ。

それぞれの家族がイメージするデザインのホテルは全く違うと思うし、使いたい素材も様々だと思います。

ラグジュアリーな、スタイリッシュな、ゆとりがある空間をそれぞれの家族の好みやカラー(色)を加えてつくり込んでください。

山梨県の工務店、未来建築工房とつくる注文住宅。|おしゃれな家をつくる5つのコツ

※こちらのモダンなホテルライクスタイルの家は富士吉田市の家

施工写真、実例はこちらです→上品でラグジュアリーなホテルライクスタイル

 

ホテルライクなインテリアにする具体的な5つのポイント

1:床は無垢材やタイル、絨毯を使用する

家づくりにおいて床は空間全体の印象を左右する大きなポイントの一つ。

ホテルライクな雰囲気を出すには、グレードが高めの無垢材や大判のタイル、落ち着きある色合いの絨毯がオススメです。

 

ちなみにモデルハウスの子供の部屋と寝室には絨毯を採用しています。これには機能的な理由もあります。絨毯は静電気が発生しやすいため、ホコリが舞いにくいんです。基本的に家の中は常に綺麗な空気にしておきたいので、その部分にも一役買ってくれます。

山梨県の工務店、未来建築工房とつくる注文住宅。|おしゃれな家をつくる5つのコツ

※こちらの絨毯が強いてある寝室は富士吉田市のブルックリンスタイルの家

施工写真、実例はこちらです→素材を活かしたメンズライクなブルックリンスタイル

 

2:壁には印象的なアクセントを入れる

ホテルライクな家づくりをするのなら、上品な、上質な素材を取り入れながらデザインしたいところ。

上品や上質な素材とは、石だったり、突き板などのホテルで使われてそうな素材。

イタリアなどでは無垢の材料より突き板の方が価値があるなんて考え方もあります。

本革の室内ドアやガラスの扉とかもめちゃかっこいいです。

こういった物をどう配置していくかでその家のスタイルが出てきます。デザインに色々な工夫を重ねて素敵な家にしたいですね。

都留市のホテルライクスタイル|リビング

※こちらのアーティスティックなアクセントウォールがある家は都留市のホテルライクスタイルの家

施工写真、実例はこちらです→高級ホテルのようなスタイリッシュなホテルライクスタイル

 

3:勾配天井にしたり天井高を下げる

勾配天井とは勾配(傾斜)のついた傾斜した天井のこと。

勾配天井でゆとりある空間にしたり、その逆で下り天井を作ったり、天井の高さ自体を下げることで落ち着く空間を演出したりします。天井高を下げる場合はソファなどでリラックスする時間が多いリビングがおすすめ。

 

こちらの家はブルックリンスタイルの家ではありますが天井のデザインの参考に。

リビングで床と天井に高さのギャップをつけています。

ダイニングキッチンの床の高さからリビングが一段下に下がっていることもあり、寛げる、居心地がいい空間にしたいのに「なんだか落ち着かないな」を取り除くための下り天井です。

都留市のブルックリンスタイル|リビング

※こちらの下り天井があるリビングは都留市のブルックリンスタイルの家

施工写真、実例はこちらです→斜めカットでスタイリッシュなブルックリンスタイル

 

開放的ばかりがいいのではなく、家の中の空間ごとに役割があるので、その役割に対して空間をデザインして行くことがマストですね。

 

また、寝室も同じく天井の高さを低くする事がおすすめですね。

ベッドを置く部分の天井だけ下げて(低くして)置かない部分との天井とのギャップを作るとか。

これだけでもその空間、部屋に趣が出てきます。

そしておしゃれな落ち着ける空間になります。

照明器具なんかは最初からつけないで、スタンドライトを後で置くくらいがちょうど良かったりします。

その辺も用途に合わせた計画をして行くことをおすすめします。

 

4:天井に板を張る

天井を板張りにする事は高級感あるホテルライクな家づくりを行う上で大きなポイントにもなります。

ホテルライクな家に板を張るのであれば、節が少ない木材で仕上げると雰囲気が出ます。

リビング

5:家具、雑貨選び

家も重要だけど、さらに雰囲気を上げるためには家具や雑貨も重要になってきます。

手が届くのであれば海外ブランドの家具を入れてゆったりしたい…。

時計はデザイナーが作った物を…。そんな方も多いのではないでしょうか?

資金計画やプラン打ち合わせの時から家具も一緒に考えて家づくりをして行くと案外手に入っちゃうかもしれないです。

 

そもそもの話ですが、家が完成してから家具を選んでるなんて事はないですよね?←これ重要。

もしそう考えていたら家づくりの順番がおかしいです。

床や壁、そして天井、照明器具などをコーディネートする時、いやいやいやいや、もっと前!間取りを考えるときに家具のレイアウトも考えながら家づくりをしていきましょう。

 

大切なのはトータルコーディネート。

それが魅力的な家につながっていきます。

モデルハウス|リビング

ホテルライクな家づくりの配色のポイントについて

配色をして行く中で一番シンプルな方法は、基本的に3つの色を使いながらコーディネートをしていくのがおすすめです。

 

ホテルと言ってもこの世の中には数えきれないくらいのホテルがあります。ラグジュアリーな雰囲気から、日本で言うブルックリンスタイルの様な雰囲気、はたまたディズニーランドホテルの様なワクワクホテルなどなど。

なので「ホテルライクスタイルといえばこれ!」と言うのは家族それぞれのカラーがあっていいと思います。

 

ホテルライクだからこの色を使わないといけないって事は無いです。

自分の家のコンセプトをしっかりとつくり、自分たちが好きな雰囲気の”色”を選び、家全体に統一感や一貫性が広がるコーディネートをして行きましょう。

 

【まとめ】ホテルライクな家づくりを検討するなら

山梨県の工務店、未来建築工房とつくる注文住宅。|おしゃれな家をつくる5つのコツ

注文住宅でホテルライクな家を建てる場合は、地域の工務店をはじめ、設計事務所、ハウスメーカーを含めた住宅会社の中から自分たちが理想とするホテルライクな家をつくることができる所に相談してください。

 

住宅会社によって得意、不得意なデザインがあり、自分が理想とするホテルライクなデザインのセンスなどの好みが合うかどうかは分かれます。

デザインをはじめとして、自分たちとの感性やセンスが合わない住宅会社で話を進めてしまうと、時間を無駄にしてしまうことにつながったり、うまくいかない事が多くあったりと、お互いにとって良くない事が起こる可能性が高くなります。

なので、好みにあった家づくりを進めるためにも、まずはOPENHOUSE(見学会)に行ったり、住宅会社とお話をして検討してみることをお勧めします。

 

追記:2020.10.07

新居での生活が始まり、5ヶ月が経とうとしています。

収納もさほど多いわけでは無いですが、片付いてますきっと。要所要所では出てしまう部分があるので、ややイケメン的にはまだまだですが、見に来て頂いた方に「生活感出てますが…」って言うと「全然じゃないですか。めちゃ綺麗にしてますね」って言ってもらえて「嫁氏ありがとう〜!」って思ってます。

 

そんな余談はこの辺にしておいて、この住宅は自分がホテルライクな家が好きなので、自分が思うホテルライクな家を意識しながらつくったわけですが…

 

めちゃくちゃ快適です。

 

何が快適かって?それは今年のジメジメな梅雨から夏にかけて「暑い〜!」なんて事は一切無い。家の性能としてもバッチリなわけで…

もちろん自分たちがお客さんに提案する家もほぼ同じ性能。

プロが住みたい、暮らしたいと思う家をつくっているわけなので当たり前なんですけどね。

んまぁ、性能とかは僕らプロとしてやってて当たり前のことだから多くは語らないです。

 

で、インテリアというか雰囲気というかデザインも良いので、可愛い女の子やかっこいいメンズが隣にいるときの様にデレデレしちゃう感じになるんですよ。

 

伝わらないよね…笑

 

自邸のコンセプトが「変わり者の家」

雰囲気はカリフォルニアと和が融合したホテルライクな家。

 

こんなコンセプトでつくったのでリビングはラグジュアリーな雰囲気で落ち着く空間。

ダイニングキッチンはサブウェイタイルを壁に張り、大判のタイルを床に張って、キッチンはオーダーメイドなので天板や側面などはモルタル仕上げ。

家具や家電はシンプルなアイテムを選んでます。

 

至ってシンプルです。

 

ってことで、なんだかんだ実際に見てもらって(生活感が出ちゃってる所もありますが、悪しからず)快適さを体感してもらうのが一番です。

快適なんです本当に。

これからの冬は是非とも暖かい家を体感してもらいたい。なんなら風呂入って泊まって行く?笑

そしてそれ以上に家のデザインの仕方で快適さが変わることも体感してもらいたいです。

 

新居の前はアパートに住んでいたので賃貸とのギャップが凄すぎて、その分快適に感じる部分もあるかもしれないですけどね。ギャップやばいよ♡

 

是非体感しにきてくださいね。

 

 

ややイケメン

 

LINE友だち追加バナー

 

【ホテルライクスタイルに関連するブログ】

注文住宅でホテルライクなインテリアにする家づくりのコツ

ワイナリーがあるホテルライクスタイルの家!着工!at 甲斐市

杭探し|山中湖の平家、ホテルライクスタイルの家

ホテルライクな家が欲しいならHOUSEⅢⅨ(未来建築工房 注文住宅事業部)へ

ルームツアー|大人フェミニンな雰囲気のホテルライクスタイルハウス

上棟式。|富士吉田市の男前なホテルライクスタイルの家

男前なホテルライクスタイルの家、ついに上棟!|山梨県富士吉田市

お引き渡し|山梨県は鳴沢村のホテルライクスタイルの家

ホテルライクな都留市の家、内観が露わに。

建て方後。|富士吉田市のホテルライクスタイルの家

鳴沢村の中庭があるホテルライクスタイルの家、外観が露わに!

富士吉田市|男前なホテルライクスタイルの家 基礎工事着工中!

富士吉田市にてグリーンが似合う男前なホテルライクスタイルの家、地鎮祭

鳴沢村にてホテルライクスタイルの家、地鎮祭

 

【ホテルライクスタイルの家の関連動画】

ホテルライクスタイルルームツアーホテルライクスタイルルームツアー ホテルライクスタイルルームツアーホテルライクスタイルルームツアー
レンジフードレスキッチンレビューレンジフードレスキッチンレビュー ナイトルーティーンナイトルーティーン

 

無料相談会予約 LINE 友だち
追加
電話 LINE LINE