コンセプト

4 アメリカンヴィンテージスタイルとは?

ここで言うヴィンテージな雰囲気のアメリカンな家とは、ブルックリンスタイルやインダストリアル、アメリカンヴィンテージなど。アメリカ全土で言うと東側。
 

ちなみに、西も東も関係なくアメリカにはいろんなテイストの家や店舗があります。

なので厳密な定義はありませんが、およそ下記のようなデザインの家づくりに該当すると私は考えています。

 

 
下の写真のお家いかがでしょうか?
 
木材を惜しみなく使った空間。
 
梁を上手に活用して照明を取り付けたり
 
階段横のウッドパネルはさりげなく星条旗をイメージした配色にしたり...。
 
ブラック・ブラウン・グレーをメインに明度を落とした室内。
 
どこか懐かしさを感じさせるヴィンテージ感がありますよね?
 

“画像のタイトル”

 

ここからは私達がイメージするアメリカンヴィンテージスタイルについてお話をしていきます。

※一般的なアメリカンヴィンテージスタイルは工務店によってかなり違いがあります!お好きなアメリカンヴィンテージスタイルを見つけてね!

 

まず私達がイメージするアメリカンヴィンテージスタイルを言葉に表すと

"男前"で"ちょっぴり"ラフな"ヴィンテージ感"ある空間"

これだけでは頭に浮かんでこないので写真を見ながらお伝えしていきます。

 

1つ目 

「ACME furniture」

“画像のタイトル”

写真はACME furniture様 Instagramよりお借りしてます。

 

これが「"男前"で"ちょっぴり"ラフな"ヴィンテージ感"ある空間"」

 

私達がイメージしているアメリカンヴィンテージスタイルに近い雰囲気です。

 

アンティークではなくヴィンテージな雰囲でブラックやブラウン、グレーなどの明度を抑えた色の空間。

男っぽいレンガやブリックタイル、コンクリート、古材など、ビンテージ感の高い素材。

鉄骨などを使って無骨な雰囲気で開放的な倉庫みたいな空間。

全体的に明度が少なく、ブリックタイルや鉄、タフな材料、ヴィンテージ品を使うことが”らしさ”を出す大きなポイントとなります。

 

 

□ACME furnitureあえてと凹凸を残したレンガ調のブリックタイルのラフさがヴィンテージ感を引き立たせてます。

 全体的にブラウンでまとめファブリックで色を足している足し引きが計算された空間でもあります。

 

 

 

 

無料相談会予約
無料相談会 電話 問い合わせ