コンセプト

2 ブルックリンスタイル

 

ブルックリンスタイルって何?

私たちが提案するブルックリンスタイルはアメリカのニューヨーク州ブルックリン地区に実際に足を運び、自ら得た情報を元にコーディネートした家のこと。

実際のブルックリン地区の建物で一番印象的なのは構造躯体がレンガになっていること。

なので私たちはその雰囲気をブリックタイルで表現しています。

ブリックタイルはブルックリンスタイルの家をつくるに辺り、必須アイテムです。

 

もちろん、ブリックタイルだけではなくその他の要素はたくさんあります。その辺については施工例や、見学会などで実際にチェックしてみて下さい。

 

全体的にまとめてブルックリンスタイルを表現すると、レンガ造りの建物をお洒落に改築したような雰囲気が特徴的ではないでしょうか?

タイルや古材、アイアンなどのちょっと無骨でラフなアイテムを組み合わせてコーディネートしていきます。

 

実際に建てた家写真では、壁一面に貼られたブリックタイルが無骨で格好いい雰囲気にしてくれます。

チェコから輸入したUSEDの照明もブルックリンスタイルらしさを引き立たせてくれてます。

まるでブルックリンにある倉庫などの建物を改装したかのようなラフさ。

一概には言えませんが、彩度を低めにし、落ち着いた空間にするのがポイントです。

 

“画像のタイトル”

ここからは私達がイメージするブルックリンスタイルについてお話をしていきます。

※一般的なブルックリンスタイル についてはネットでたくさん書いてあるから「ブルックリンスタイル」で検索して見てね!

 

まず私達がイメージするブルックリンを言葉に表すと

"無骨で"落ち着いた"ヴィンテージ感溢れる"大人かっこいい"空間。

これだけでは頭に浮かんでこないので写真を見ながらお伝えしていきます。

 

参考にしたいお店

 

1つ目

DEVOCIÓN

“画像のタイトル”

 

2つ目

niko and ... TOKYO

“画像のタイトル”

niko and...TOKYO様  Instagramよりお借りしてます。

 

いかがでしょうか?

落ち着いた大人の雰囲気漂うヴィンテージ感。

私たちがイメージするブルックリンスタイルに近い雰囲気です。

 

□DEVOCIÓNは使い込まれたレンガと綺麗にならされたコンクリの床のギャップが素敵。

 フェイクグリーンも大胆に使いメリハリのある空間になってます。

 

□niko and...TOKYOではブラックやブラウンを中心にまとめた家具で空間に統一感を出しています。

 

このラフな部分ときっちり抑える所のバランスが格好良さの秘訣です。

ラフなところが多すぎても、きっちりするポイントが多すぎてもバランスが良くない。

抜くところと抑えるところの緩急の差を日々研究しながらコーディネートをしています。

 

ブルックリンスタイルまとめ

"ブルックリン"という遠い地のスタイルをお家に落とし込む。自分たちの好きな雰囲気・空間で好きなことを思いっきりして使い込むことで"自分達だけのブルックリンスタイル"が完成する。

 

「理想の家をつくりたい。」

その理想の家を建てる人がその理想を叶える家づくりをする。

オーナーさんの趣味や趣向に合わせた"世界でたった1つの家づくり"

ブラック系統でまとめた無骨でメンズライク。ムードたっぷりなブルックリンスタイルもあれば

ホワイト系統ですっきり上品。だけどラフさはしっかり残すブルックリンスタイルもあります。

 

 

なので、結論は自分たちが建てたい!住みたい!家を建てましょう!って事です。

予算のこともあります。まずは家づくりにかかるお金の勉強をしてから家づくりを進めて下さい。

 

無料相談会予約
無料相談会 電話 問い合わせ