ブログ

おしゃれな家の間取りって?建築デザイナーややイケメンが伝えます。

注文住宅ブログ

どーも、ややイケメンです。

 

今回はおしゃれな家の間取りについてお話ししていきます。

「おしゃれな家の間取り」って聞いた時に思い浮かんでくることってどんなことでしょうか?

 

自分の場合は”抜け感”があるとか…

ってこれは普段から間取りを書いている人限定でしょう。

 

言い方悪いですが、素人で「おしゃれな間取り」って聞いてイメージできる人いたらぜひHOUSEⅢⅨへ就職もしくは転職してもらいたいですわ。マジで。

って言うくらい簡単じゃないって事ですね。

 

ではこの難しい事、簡単ではない事をややイケメンがどう噛み砕いて言葉に表して行くのか!

注目して読んでいきましょう。

 

あぁ…

自分でハードル上げた。

 

結論から行く!

 

もとい、結&論。

 

「やりたい事を詰め込むな!!!」

 

ですね。

これ重要。

おしゃれってさ、引き算とか言うじゃん。

 

ファッションで考えてみて。

デニムに白シャツ。

simple is best!!!

好き。

 

ごちゃごちゃした服装ってさ、なんかしっくりこない。

全身グッチグッチグッチーーー!

グッチ来てまーーーす!

みたいな。

 

ただいま彼はグッチファンを敵に回しました。

 

さりげないグッチくらいがいいよ。ややイケメンの場合ね。

そりゃさ、みんなそれぞれ”好き”って違うからさ、それはそれでいいじゃん。人それぞれよ。

 

そんな感じ。

 

ややイケメン目線で言えば、んまぁギャルも好きだけど、ナチュラルメイクでかわいい人も好きだし…

 

そんな感じ。

 

そんな感じで一旦締めたのに、またほじくってる。。。

おしゃれな間取りの話どこ行ったん

 

失礼!

例え話が上手になりたい35歳建築デザイナーです。

 

お話戻します。

「やりたい事を詰め込まない」ってところなんですが、どう言うことかと言うと!

家を建てるってなると「あれもしたい、これもしたい」って日本人特有って言うのかな?電化製品でいえば無駄に機能が多い…的な。そんな使わんじゃん。

って言うのが間取りにも出てきちゃって、細かい部屋がいっぱいあったり、明らかに経験値が多い設計士の提案の方が理に適ってるのに蹴っ飛ばすとか。

(口が悪くてすみません。笑)

 

優先順位がはっきりしてなくてどれも諦められない〜!とか…

んまぁその他にも色々。

 

で、これが家になってくるとおしゃれとかそれ以前の話になってきちゃいます。

 

なので!

 

今出てきた話の逆を行けばOKですね。

 

・無駄な部屋やスペース、機能などは省く。ちゃんと考えること。

・建築会社さんからの提案は経験してきた中で言ってるので一旦飲み込む

・優先順位を明確にする

 

優先順位が高い所から満足行く予算をかけていきましょう。

優先順位が高い所から面積を使って行きましょう。

 

噛み砕いて伝えられたかな…?

 

「ここわかりづらいです。もう少し教えて下さい」

とかあれば気軽に連絡してもらって大丈夫です。

答えられるかは謎ですが…笑

 

ちなみにこのブログにたどり着いてるってことは、間取りを書いてもらって数社検討中か、既に工務店を決めて進んでるかくらいの人だと思うんですが、予算ちゃんと組みました?

 

「年返済比率でこのパーセンテージなら返していけるから大丈夫。」

「見積もり持って行ったら銀行さんが貸してくれたから」

「毎月の支払いはアパートの家賃と同じだから大丈夫」

「うちは年収高いからこのくらい大丈夫」

 

とかとか、そんな感じで決めてませんか?

あかんですよ。

ちゃんと予算、資金を計画してからスタートしないと。

 

そこんとこちゃんとしてよ。

頼むね。

 

やってない方はややイケメンまで相談してもらえれば知って得する。知らなきゃ損する家づくりのお金の話。

その名も「資金計画勉強会」をしますんで連絡してね。

ネーミングセンス疑うわ。そのまんまやん

 

知らずにやらないはNG過ぎます。

知っててらやらないならまだ懸命。

 

しっかりとお金のことをクリアにしてから土地探しや、建築会社さんを探していきましょうね!

 

以上!

他にもおしゃれな間取りにする為のポイントやコツがあれば追記していきますね。

 

 

ではまた!

 

建築デザイナー ややイケメン

無料相談会予約
無料相談会 電話 問い合わせ